読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなことをもりたいわん

せっかく海外(台湾)にいるので、いろんなことを書いてみます

台湾全国三位のチャーハンを食べに行ってみた!

2回目の投稿。もりたいわんです。

 

 

せっかく台湾に来たのだから、そりゃ台湾の有名なものが食べたい!というのは当然の話。

特に小龍包の有名店なんかは、連日観光客で長蛇の列(ちなみに中国語だと蛇ではなく龍で表現されます)。

そんな中で見落とされがちなのが、チャーハン。

見落とされるというよりも選択肢の中になかなか入って来ないということもあるかもしれません。

 

 

ただ、台湾で食べられるチャーハンはリーズナブルで美味しいところが多いんです!

そこで今回は、過去に台湾で全国三位になったこともある名店を紹介したいと思います。

 

 

お店の紹介

今回紹介させていただくのは、観光客にも人気のあるスポットである東門・永康街エリアからほど近い場所にある「小茅屋」と言うお店。

外観はこんな感じ。

f:id:moritaiwan:20170414233452j:plain

 

 

でっかく看板がかかっていますが、これは反対側の歩道から撮影しているから。

お店の目の前を歩いていると、全くそれらしいミニ看板やメニューすら見当たらないので、通り過ぎてしまうかもしれないです。

f:id:moritaiwan:20170414234204j:plain

 

 

見た目には大きなお店ではない、このお店が台湾で全国三位なんですから、台湾の小さなお店を見くびることはできませんな。

www.setn.com

 

 

このお店看板を見たところ、おススメは

f:id:moritaiwan:20170414234805p:plain

 

 

担担麺、ラー油ワンタン、牛肉麺

ちなみに牛肉麺の頭についている、川味の川は料理店では四川を指しているので、四川風味付け(辛め)の牛肉麺だと思ってください。

 

 

チャーハンを全く推していません。

ホントにこのお店で合っているのか、不安が胸を襲います。

ただ、その不安はお店に入ってすぐに解消されます。

 

 

店に入ってみると

良かった。ほとんどの人が、チャーハンを頼んでいました。

 

 

というわけで、早速このメニューの中から注文してみました!

f:id:moritaiwan:20170415000218p:plain

 

 

今回注文したのは、肉絲蛋炒飯 90NTD(牛肉と玉子のチャーハン)と紅油炒手 70NTD(ラー油ワンタン)。

f:id:moritaiwan:20170414235519j:plain

f:id:moritaiwan:20170415000413j:plain

 

 

チャーハンは男一人で食べても、十分にお腹いっぱいになるほどの量!

パラパラに炒められており、量はあれど、気が付いたら米粒一つ惜しいほどキレイに食べ切っていました。

 

 

ラー油ワンタンについても一口サイズで作られており、次から次と箸を伸ばしてしまう美味しさでした。

 

 

小さいお店なので1人でも気兼ねなく入れますし、2~4人までなら、お昼時でなければ問題なく入れると思います。

複数人で行って、色んなものを注文してみてもいいかもしれないですね。

 

今度はぜひ、看板メニューの牛肉麺を食べてみたいと思います。

 

 

~小茅屋~

台北市大安区麗水街5號