いろんなことをもりたいわん

せっかく海外(台湾)にいるので、いろんなことを書いてみます

実は隠れた台湾B級グルメ知高飯をご紹介

台湾に行ったら何食べよう?と思ってガイドブックを見ると、まず出てくるのが小籠包!


続いて、火鍋やマンゴーかき氷などなど挙げればキリがないと思います。


たーだー、台湾にはまだまだ知られていない庶民のグルメが多く存在しています。


その中でも今日は、わたくしの最近のお気に入り「知高飯(zhī gāo fàn)をご紹介したいと思います!

 

 

知高飯って何?

今回紹介する知高飯のお店は、台北のオフィス街エリア、MRT松江南京駅近くの伊通街というところにあるその名も!

 

 

伊通街知高飯。
Simple is best.

f:id:moritaiwan:20170612161812j:image

看板もわかりやすい。

もしかしたら知高飯って店名かも。


さあ知高飯とはなんぞやかと思いますが、文字で説明しても伝わらないかと思うので、まずは写真を見やがれー!

f:id:moritaiwan:20170612161853j:image

大きな角煮と煮付け玉子に甘めのお漬物がどんと載っております。

写真見たら食べたくなってきた。


全体的に甘めに仕上げられておりますが、ご飯との相性バッチリ!

 

 

お肉はかみ切りやすく、玉子は中まで味が染み込んで…。
あ、書けば書くほど食べたくなってきた。

 

 

さらに!

各席に備え付けられているお漬物があるんですが…
f:id:moritaiwan:20170612161929j:image
これが美味い!


辣蘿蔔(là luó bó:大根のお漬物を唐辛子と和えてあるもの)と言うんですが、ぶっちゃけこれだけでもご飯進むと思います。
今度売ってくれるか聞いてみます。

 

 

その他にも

f:id:moritaiwan:20170612162617j:image

このお店は知高飯以外にもいくつかメニューがあり、ほとんどのお客さんがご飯ものと一緒にお味噌汁を頼んでいます。

 

 

ただこのお味噌汁、台湾仕様の甘い味付けなのでご注意ください。

 

 

また雞腿飯(jī tuǐ fàn)は様子を見ているとなかなか注文されていて、個人的な感覚ではありますが、知高飯6:雞腿飯4ぐらいではないでしょうか。

 

 

知高飯が売りのお店で、これだけ注文されているということはかなり美味しいのかもしれません。

 

 

今度食べてみよ。

 

 

というわけで、台湾ベテランツーリストのあなた!台湾ビギナーツーリストのあなた!是非是非台湾B級グルメ「知高飯」を召し上がってみてはいかがでしょうか!

 

 

~伊通街知高飯~

台北市中山區南京東路二段174號(南京東路伊通街口)

Google マップ

最近、台湾で人前に立つことが多くなったのでレポートしてみます。

前回の更新から、だいぶ時間が経ってしまいました。

 

 

ブログは出来るだけ頻繁にやった方がいいとはよく目にするにもかかわらず、自分のバカ!

 

 

というわけで、五月も下旬に入りまして、台湾は梅雨入り。

とは言っても先週の火水あたりからはずっと晴れてます。

 

 

その間、私は何をしていたかといいますと、海外に住んでいるからこそ体験できることを色々やってきました!

 

 

その①

5月10日、台北市大同区にあります日本人にも有名な迪化街(di hua jie)。

ここにあります霞海城隍廟(xia hai cheng huang miao)に祀られている神様が、古くに中国から神様をお迎えした時期に合わせて1ヵ月強、毎週末様々なイベントが行われるという記者会見がこの日開かれたのです。

 

 

※下記リンクより、お寺の情報チェックしてみてください。

 日本語ページもありますので、ご心配なく。

www.tpecitygod.org

 

その記者会見で、なんと!

歌を歌うことになったのです。笑

 

 

いきさつを説明しますと、この迪化街にあるお店で、三線同好会の活動をしている台湾の方々と知り合いになり、沖縄民謡を沖縄県民にどうしても歌ってほしい!とスペシャルなオファーを受け、なぜか引き受けてしまったのです。

 

 

披露させていただきましたのは、沖縄民謡定番の安里屋ユンタ

ちなみにこれがその時の様子。

f:id:moritaiwan:20170523212032j:plain

台湾にて歌手デビューさせていただきました。

 

 

一緒に写真撮ってください!と言われることはなく、現実を突き付けられました。

ただ、こうやってみんなと写真を撮れたのは幸せなことです。

f:id:moritaiwan:20170523212433j:plain

うん、みんないい笑顔。

 

 

その②

熱狂も冷めやらぬ中(自分だけ)、今度は沖縄市から議員団がいらっしゃるということで、その通訳としてつくことになりました。

 

 

初日、早速のスケジュールが桃園市長との面会でした。

てっきり、会議室みたいなところで、簡単にご挨拶をしておしまいかと思っていたら(自分の願望が多分に含まれています)、こんな感じだったのです。

f:id:moritaiwan:20170523213136j:plain

一番後ろでちょこっと座っているのが私です。

 

 

台湾ではヤフーニュースにも載ったみたい。

それなりに取り上げられたのかもですね。

tw.news.yahoo.com

 

またその他にも、台湾ナンバーワンの少年野球チームの見学にも行きました。

f:id:moritaiwan:20170523213809j:plain

信じられないくらいレベル高かったです。

 

 

この他にも、普段の生活だとなかなか行けないところに行けて、通訳としての実力はまだまだだなと強く感じながらも、楽しみながらお仕事出来ました。

 

 

その③

その③については、その①で一緒に演奏をした人たちからのオファー第2弾があったのです。

その内容は、大学にて学生やその地域の人たちに、沖縄を観光するならどうしたらいい?その時に役立つ日本語は?などなどを紹介してほしいというものでした。

 

 

こういう時に、普段から好奇心を持って色んなところに行っておくものだと強く想うものです。全く沖縄の遊び場を知らない…。

オファーを受けてから、プレゼンまでの2週間必死にネットで調べました。

 

 

あとは、こういう時にこんな日本語必要だよなー、と想像したり、沖縄方言を盛り込んでみたりと、なんとかパワーポイントを完成させました。

 

 

当日、日本語学科の学生が来ると聞いていたので、日本語で説明を想定していたら、なんと国際貿易学科の学生とのこと。もちろん日本語は…。

まさかの中国語プレゼン!

f:id:moritaiwan:20170523215044j:plain

もう頭フラフラです。

f:id:moritaiwan:20170523215007j:plain

ただ、周りの助けもありなんとかプレゼンを時間通り終わらせることが出来ました。

いやー冷や汗。

 

 

この後、学生からちやほやされたとかされなかったとか…。

 

 

というわけで、5月は色々なことをさせてもらったこともありまして、ブログ更新滞っておりました。

 

 

これらの経験を通して感じたことは、外国人は「目立ちたい!」と思えば、その国の人より圧倒的有利な立場にいるなと。

 

 

自分より沖縄民謡が上手な台湾の人はごまんといるし、自分より沖縄のことを詳しい台湾の人はいるのに、それでも沖縄の人間が沖縄のことをするということに特別な意味があるみたい。

 

 

それはマスコミ等でも明らかで、どこの国でもそうだと思いますが、外国人がその国の語学が一定のレベルに達している場合、ある国の人に考え方を知りたい場合、やはりその国の人間を探すのが当然と言えば当然です。

 

 

そういう意味では、ワーキングホリデーで台湾に来ている人たちの中でも、なかなかに特別な経験が出来てるのではないかと自負しております。

 

 

今後も、このようなことがあれば積極的に参加していきたいと思います!

 

 

あと台湾おススメスポット紹介も頑張るぞ!

 

大都会台北でアウトドアを楽しもう!

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょう?

台湾も5月1日は労働節ということで、連休の真っ只中でございます。

 

 

連休前の雨は見事に止み、台北にしては珍しく雲のない天気が続いております。

 

 

天気が良くなると身体を動かしたくなるのは人間の真理。

ということで、この大都会台北でアウトドア活動を楽しんで参りました!

 

 

どこに行くの?

台北は四方を山に囲まれているコンパクトシティということで、中心街から公共交通機関を使えば30分程度で山のふもとに行けちゃいます。

 

 

今回私が行ったのは、台北の東南部にある象山。

 

 

行き方としてはその名も象山駅までMRTで行っちゃいます。

f:id:moritaiwan:20170501010306j:image

2番出口を出て、公園沿いの道を真っ直ぐ進むと、三叉路にぶつかります。  f:id:moritaiwan:20170501010238j:image

ここで左に曲がるのが象山へ向かう道なんですが、プチ情報。

f:id:moritaiwan:20170501010608j:image

右手にはファミリマートがありまして、これが最後のコンビニなので、飲み物やおやつをここで購入しておいてもいいかもしれないですね。

奥に緑と青のラインが見えるでしょ?笑

 

 

いざ象山!

f:id:moritaiwan:20170501010811j:image

この尊大な仏様の壁画が見えれば入り口はすぐそこ。

f:id:moritaiwan:20170501010730j:image

この象山、スタート付近の方が階段がきゅうでキツイんです。

だからって来たことを後悔しないでくださいね。

 

 

しかし、なぜこんなに多くの人が象山を登るのか。もちろん単純に山登りを楽しみたい人もいますが、それば登って10分ほどすると分かります。

 

 

最初の撮影スポット。

f:id:moritaiwan:20170501011331j:image

ここからの景色が…

f:id:moritaiwan:20170501011359j:image

おー。台北101がキレイに!

ただ近すぎて、象山に来てまで撮る景色か?というのが個人の感想です。笑

 

 

では、更に歩を進めてみましょう。

 

 

続いて現れる撮影スポット、いやインスタスポットが、六巨石(liùjiùshí)。

f:id:moritaiwan:20170501011734j:image

岩の上で101バックにポーズを決めるのが流行りみたいです。

 

 

それを傍目に更に上へ!

するとこんな休憩所が(この日は工事中でした)

f:id:moritaiwan:20170501011955j:image

ちなみにここから見える景色は…

f:id:moritaiwan:20170501012151j:image

こんな感じ。

 

 

ちなみに夜は…

f:id:moritaiwan:20170501012357j:image

ここまで来ると登った甲斐があるような気がします!

 

 

それで多分なんですが、ここが象山の頂上になるかと思われます。

 

 

ここまでの所要時間は速い人では20分、ゆっくりでも40分程度で着くと思います。

 

 

ちなみにその先をさらに進むと、拇指山(mǔzhǐshān)や九五峰(jiǔwǔfēng)などのような更に高い所から台北を一望できます。

f:id:moritaiwan:20170501013002j:image

おわ!手前味噌ながらいい写真。笑

 

 

また、運が良ければリスとたわむれることも出来ます。

かわいっ。

 

 

ここまで来るのは体力がいるかもしれませんが、象山であれば日頃運動不足気味な方でも大丈夫かと思います。

素敵な景色を楽しみにぜひ登ってみてはいかがでしょうか?

 

 

~象山親山歩道入口~

信義區信義路五段150巷342弄


 

 

天津蔥抓餅の行列に並んでみた

台湾は春を飛び越え、夏になったようです。

街中の温度計がふと目に入ったのですが、34度でした。

 

 

ということで、今回紹介するのは観光地としてもとても有名な永康街にある行列のできる名店「天津蔥抓餅」です。

 

 

蔥抓餅ってなに?

蔥抓餅とは、小麦粉の生地にネギを混ぜ込んでいるものでそれを鉄板で焼き、そこに玉子やハムなどを挟んだものです。

 

 

台湾では最後に「餅」とついている食べ物が多くあり、日本語の「もち」と違い、基本的には小麦粉で練られた生地を焼いたり、揚げたりというものを指すことがほとんどです。

また「餅」とつく名前の食べ物は、おやつとして食べられていることが多いです。

 

 

そんな中、おやつを買うために異常な行列が出来るお店があるのです。

それが、天津蔥抓餅。

 

 

MRTの東門駅を出て、永康街を中に入って歩いていくと、右手に下のような感じで小さな看板がかかったお店が現れます。

f:id:moritaiwan:20170422000253j:plain

 

 

もし、あなたがこのお店を発見し

「お、あのブログで行列が出来るとか言ってたくせに全然大丈夫じゃん」

とは簡単に思わないでください。

そこから一歩二歩と歩みを進めてみるとその意味が分かるかと思います。

f:id:moritaiwan:20170422000644j:plain

・・・。

並んでますね。

 

 

私もいつも、このお店に行く時に遠くから見るだけでは行列が判断できないので、中まで入っていって、ドン引きすることがあります。笑

 

 

この行列の正体、台湾人もいますが、実は7,8割が外国人観光客なんです。

かと言って観光客向けの価格設定ということではありませんので、ご安心を。

 

 

ということで並んでみる

上の写真ぐらいの行列だと、もしかしたら20~30分ほど待つかもしれませんね。

私はいつも、人があまりいない時にしか並ばないので、10分ほどの待ち時間です。

 

 

待ってる間に、お店のおばちゃんが注文を取りに来てくれるので、もしあらかじめにメニューを確認できるならしておきましょう。

f:id:moritaiwan:20170422001919j:plain

メニューには日本語も表記されているので、大体の中身は分かるかと思います。

 

 

ちなみに私は、6番のEverythingを頼んでいます。

※玉子+台湾パセリ+チーズ+ハム

全部入れみたいなとこなんでしょうね。

 

 

そしていざ注文!という時には、英語でナンバー〇をワン、ツーと頼めば通じますので、決して日本語でゴリ押しはしないでください。笑

 

 

そしていざ自分の受取番近づいてくると、なかなかファンタスティックな調理風景が見れるのです。

熟練が為せる技なんでしょうなー。

 

 

最後に、辛いソースが必要かどうか聞かれる(記憶が正しければ、スパイシー?と聞かれる)ので、イエスorノーで返答してあげましょう。

 

 

そしてお金を払えば、蔥抓餅はあなたのものです。

f:id:moritaiwan:20170422003546j:plain

中味が見えなくて大変申し訳ありません。

生地はしっかり焼き上げているので、サクッと歯触りの良さもありつつ、噛むとモチモチ。

外サク、中モチ。人間が大好きなやつじゃ~。

 

 

私はこれが大好きで、週に1、2回は足を運んでいます。

台湾に来たらぜひ食べてほしいなーと思い、今回紹介させていただきました!

 

 

前回紹介した、小茅屋はこの永康街の隣通りである麗水街というところにありますので、ぜひ食べ歩きを楽しんでください!

moritaiwan.hatenablog.com

 

~天津蔥抓餅~

台北市大安区永康街6巷1號


 

 

台湾全国三位のチャーハンを食べに行ってみた!

2回目の投稿。もりたいわんです。

 

 

せっかく台湾に来たのだから、そりゃ台湾の有名なものが食べたい!というのは当然の話。

特に小龍包の有名店なんかは、連日観光客で長蛇の列(ちなみに中国語だと蛇ではなく龍で表現されます)。

そんな中で見落とされがちなのが、チャーハン。

見落とされるというよりも選択肢の中になかなか入って来ないということもあるかもしれません。

 

 

ただ、台湾で食べられるチャーハンはリーズナブルで美味しいところが多いんです!

そこで今回は、過去に台湾で全国三位になったこともある名店を紹介したいと思います。

 

 

お店の紹介

今回紹介させていただくのは、観光客にも人気のあるスポットである東門・永康街エリアからほど近い場所にある「小茅屋」と言うお店。

外観はこんな感じ。

f:id:moritaiwan:20170414233452j:plain

 

 

でっかく看板がかかっていますが、これは反対側の歩道から撮影しているから。

お店の目の前を歩いていると、全くそれらしいミニ看板やメニューすら見当たらないので、通り過ぎてしまうかもしれないです。

f:id:moritaiwan:20170414234204j:plain

 

 

見た目には大きなお店ではない、このお店が台湾で全国三位なんですから、台湾の小さなお店を見くびることはできませんな。

www.setn.com

 

 

このお店看板を見たところ、おススメは

f:id:moritaiwan:20170414234805p:plain

 

 

担担麺、ラー油ワンタン、牛肉麺

ちなみに牛肉麺の頭についている、川味の川は料理店では四川を指しているので、四川風味付け(辛め)の牛肉麺だと思ってください。

 

 

チャーハンを全く推していません。

ホントにこのお店で合っているのか、不安が胸を襲います。

ただ、その不安はお店に入ってすぐに解消されます。

 

 

店に入ってみると

良かった。ほとんどの人が、チャーハンを頼んでいました。

 

 

というわけで、早速このメニューの中から注文してみました!

f:id:moritaiwan:20170415000218p:plain

 

 

今回注文したのは、肉絲蛋炒飯 90NTD(牛肉と玉子のチャーハン)と紅油炒手 70NTD(ラー油ワンタン)。

f:id:moritaiwan:20170414235519j:plain

f:id:moritaiwan:20170415000413j:plain

 

 

チャーハンは男一人で食べても、十分にお腹いっぱいになるほどの量!

パラパラに炒められており、量はあれど、気が付いたら米粒一つ惜しいほどキレイに食べ切っていました。

 

 

ラー油ワンタンについても一口サイズで作られており、次から次と箸を伸ばしてしまう美味しさでした。

 

 

小さいお店なので1人でも気兼ねなく入れますし、2~4人までなら、お昼時でなければ問題なく入れると思います。

複数人で行って、色んなものを注文してみてもいいかもしれないですね。

 

今度はぜひ、看板メニューの牛肉麺を食べてみたいと思います。

 

 

~小茅屋~

台北市大安区麗水街5號


 

 

ブログ開設したよ!

さあブログを開設してみました。

なんだかんだ言うてもよく分からない人間の話なんて誰も気にしないだろうと思われますので、とりあえず、簡単に自己紹介をさせていただきます。

 

 

自己紹介

我が故郷は沖縄県北中城村というところです。


 

 

この地名、なんと読むかご存知でしょうか?

きたなかしろ?きたなかじょう?はたまた、ほくちゅうじょう?

全部違います。

 

 

正解は「きたなかぐすく」と読むのです。

沖縄では地域名に「城」がついている場合は、「ぐすく」と読むことがよくあるのです。

 

 

それは、沖縄では「お城」のことを「ぐすく」と呼んでいることに由来しているのでしょう。

この話題は、またいつか沖縄のグスク群を紹介する際に深く掘り下げてみましょう(いつやるのか、そして本当にやるかは未定です)。

 

 

ちなみにこの村は、村という単位で人口密度日本一!(人口は全国5位)

あと女性の平均寿命が市区町村単位で日本一!(男性は不明)

※2016年時点

 

 

そんな村の出身の私は、大学で東北は宮城県

大学院で中国の瀋陽というところに留学していました。

 

 

卒業後は沖縄で就職し、30を手前にもう一度中国語を勉強しなおしたいと思い、沖縄から一番近い中国語圏である台湾へワーキングホリデーをしているところです。ちなみに滞在してもう半年以上経ちます。

えー!いやいや、半年経った今さら(台湾はワーキングホリデービザの滞在期間は最大1年です。てことは、ビザの期限あと半年切ってるにも関わらず)台湾のことを話題にしたブログかよなんて思わず、ごゆるりと閲覧いただけましたら幸いです。

 

 

今の暮らし

現在私が住んでいるのは、台北市を囲む新北市の三重区というところです。

台湾の三重は、「サンチョン(san1 chong2)」と読みます。

 

 

なんでもこの三重、ちょっと前までヤクザ(中国語で「流氓liu2 mang2」)が多く住む地域だったんだとか。

台北出身の友人に三重に住んでると言ったら、「ほー。私なら住まないけどね」と吐き捨てられました。

そうですか。私は住んでますけどね(心の声)

 

 

部屋の大きさはいわゆる1LDK。ただかなり広めです。聞くところによると20坪以上あるとかなんとか。

https://www.instagram.com/p/BJ8PVF2BhtR/

やばい。広すぎる。この空間エアコンなし。#初日 #やっぱり暑かった #sanchong

 

 

確かに同じアパートに住む人たちは、間取りが多少違うんだと思いますが、ファミリーで住んでいるのがほとんどです。

そんなところに一人暮らししています。

台湾では基本の家具や家電が備え付けられているので嬉しいです。

 

 

ピアノ置いてあります。弾きません。弾けません。

 

f:id:moritaiwan:20170406203736j:plain

 

 

なぜそんな場所に住んでいるのか。

これから台湾で生活したい!する!という方の参考にならないのですが、なかなかに珍しいケースかと思うので、紹介させていただきますね。

 

 

奇縁に恵まれる

台湾でワーキングホリデーをしようと決めたのが、2016年の1月。

それから台湾では大手の物件紹介サイトの591を見たりしながら部屋探しをしていました。

591房屋交易(香港),租屋、買樓、放盤就係快!

591房屋交易(香港),租屋、買樓、放盤就係快!

  • Addcn Technology (HK) Co., Ltd.
  • ライフスタイル
  • 無料

 

 

そんなある日、台湾から以前から仕事で付き合いのあった社長さんが沖縄にイベントのために来ており、「ちょっとお手伝いしてくれないか」とオファーがあったため、約半年ぶりの再会。

 

 

その際に

社長「そういえば、次はいつ台湾に来るんだ?」

私「実は、8月にビザとって台湾でワーホリしようとしてますよ」

社長「ほんとに!色々準備は出来てるのか?」

私「実は、家探しが…。どこ住んだらいいのかいまいち分からなくて」

社長「じゃあ、ウチ来る?」

私「ウチ?」

社長「実はウチの奥さんのお父さんが、大家さんの物件があるのよ。今は自分らの物置部屋みたいになってるんだけど、全然住めるしいいんじゃない?」

私「あ、はぁ」

社長「まあ、考えておいて」

私「はい」

 

 

それから1か月後、本当にその部屋に住むことになりました。

 

 

当初は1ヵ月5000元(日本円で17500円 ※1円=3.5元)の家賃で話をしていたんですが(それでも十分安い。たぶん破格です)、その社長さんの仕事を手伝う代わりに、家賃・光熱費(水、電気)を免除してもらっています。

 

 

こんな奇縁もあり、仕事をしながら食費や電話代等以外の面倒を見てもらいながら生活をしています。

 

 

なかなかツッコミどころがあるかと思いますが、悪しからずご了承を。

 

 

てなわけで、今回はこの辺りで。

積極的に色んな情報を書いていければと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。